2015年02月28日

早慶合同蒲澤会長送別会

2012年の会長就任以来、シカゴ稲門会の発展に大きく寄与された蒲澤会長が約7年におよぶシカゴ駐在を終え、日本へ帰国されることになりました。

稲門会有志で送別会を企画しはじめたところ、三田会からも「ぜひ送別の宴に参加したい」との申し入れがあり、早慶合同での送別会が225日にシャンバークの香港カフェで開催されました。

夕方からかなりの積雪となった悪条件にもかかわらず、稲門会の中野・新会長、三田会の満潮会長にも出席いただくなど大盛会となりました。 

蒲澤会長は331日にご帰国の途につかれるそうです。日本でもシカゴ稲門会OBOG会を発足させようと意気込んでいらっしゃいます。


宮森 洋(1984年政経卒)


Kamazawa1.jpg

posted by シカゴ稲門会 at 02:29| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

稲門会有志企画 忘年会

皆様 あけましておめでとうございます。

さて報告が遅れ申し訳ありません。昨年末、1220日に稲門会有志での忘年会が開催されました。

本忘年会は元々「2014年度のゴルフイベントの反省会を」という趣旨で企画されましたが、今年度からシカゴ稲門会に加入されたBeam Suntoryの宮森さんがゴルフイベントの主力メンバーでもあったことから、ゴルフメンバーの中から「日米ウイスキーの飲み比べ企画をやってはどうか?」という案が出たため、有志によるウイスキー等の飲み比べ&忘年会、という特別企画となったものです(ちなみに私は家族には最後まで「ゴルフの反省会だ」と言い続けました)。

当日はお酒持ち込み可の「Hong Kong Cafe」にて14名が参加しておいしい料理と共に様々なお酒を堪能する、という酒飲みには非常に贅沢な会となりました。

宮森さんにはサントリー及びBeam Suntoryの各種ウィスキー(山崎、響、Maker's MarkJim Beam)をお持ち頂き皆で飲み比べを行い、他にも当日出席者からお持ち頂いた焼酎や中国系のお店の人も驚くくらいレアな高級白酒(貴州茅台酒)、更にはブラジルのサトウキビで作られたカシャーシャ等もあり、皆でお酒に関する話(失敗談も?)と共に楽しむことが出来ました。

image1 (2).jpg  IMG_4685.jpg

最後に、2015年は14年にも増してゴルフ活動を行うと共に、忘年会で話題となったケンタッキーのバーボン蒸留所へのツアー等も企画しよう、という話になりました。

今年度もゴルフ他の稲門会活動への皆様の積極的なご参加をお待ちしています。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 

谷崎幸司 (1992年法卒)


IMG_4686.jpg



posted by シカゴ稲門会 at 05:33| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

ゴルフ懇親会 -2014年の締め-

104()シカゴ稲門会2014年の締めくくりとなるイベント、ゴルフ懇親会が開催された。場所は、シカゴダウンタウンより南西に車で約35分、LemontにあるCog Hill Country Club2009年に行われたPGAツアーBMW選手権ではタイガーウッズが優勝した有名なクラブである。



当日は最低気温4c、最高気温8cという気温の中、蒲澤ご夫妻、松井さん、小嶋さん、川除さん、仁尾さん、谷崎さん、菅野さん、平さん、大里さん、鬼生田さん、白井さん(ゴルフ幹事)、そしてDriving Range9回、コースに出るのは生まれて初めてというド素人山本(文責)の13名がプレイした。



4組に分かれて11時よりラウンド開始、午前中から昼過ぎにかけまわった9ホールでは、強く冷たい雨に加えて風も吹き、かなり厳しいプレイ環境となった。中断も囁かれる程の雨で、ラフやグリーンではボールの転がり方が普段と全く異なり、上記の熟練のプレイヤー達ですら苦戦を強いられた。実際のところ私も体は強張り、グリップの感覚はなくなり、3ホール目辺りからはスコアよりも暖かいコーヒーを飲む事が目的となりつつあった。9ホール目を終え、コースを折り返した頃からは雨が止みコンディションが回復。全組が無事18ホールを回りきることができた。私はコース初体験であったが、一緒に回って頂いた白井さん・谷崎さんの暖かいサポート・ご指導のおかげで大変楽しむことができた。プレー後は、クラブハウスでお疲れ様会兼、シカゴを離れられる川除さんの送別会が行われ、2014年を締めくくるに相応しい素晴らしい懇親会となった。





IMG_1409.JPG


おまけの19ホール目にてパターにトライする谷崎さん、白井さん。尚山本は、放った白球が綺麗な放物線を描きながら池に吸い込まれたため不参加。




IMG_1413_R.JPG

クラブハウス前にて全員集合。お疲れ様でした。


山本哲平(2009年商卒)

posted by シカゴ稲門会 at 01:54| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

ゴルフ4大学対抗戦

暑中お見舞い申し上げます。


去る824()にシカゴ地区伝統の4大学対抗戦が開催され、早稲田、慶応、同志社、関西学院の各校OBOGOrchard Valley Golf Courseにて暑さを吹き飛ばす熱戦を繰り広げられましたので、参加者を代表してご報告申し上げます。


本年は、8名のエントリーメンバーのうち、稲門会は半数が初参加というフレッシュな顔ぶれで望みました。昨年は残念ながら最下位、今年5月の早同戦、6月の早慶戦は善戦むなしく連敗と、他校からも上位は難しいのではないかと危ぶむ声も聞かれました。しかし、蓋を開けてみると、会長戦での蒲澤会長の見事な1位ポイント獲得、過去3連覇中の同志社戦とのマッチプレーにて、初参戦の中野さん・宮森さんペアが見事に勝ち点を上げ、総合2位というポジションまで返り咲くことが出来ました。さらに、技能賞でもニアピンで中野さん(#2)、蒲澤会長(6)、ドラコンで大里(#14)が得点を獲得し、最終的にこの技能賞のポイント差で、エースを早稲田戦にぶつけてきた関学の上に行くことが出来ました。


マッチプレーならではのしびれる展開に、初参加の小生も最初はかなり緊張いたしましたが、日ごろの稲門会ゴルフでの先輩方からのプレッシャーを思い出し!?、何とか大崩れはする事なくラウンドすることが出来ました。しかしながら、何度同じコースを回ってみても、やはり実力通りの結果しか得られないのだと痛感し、来年までにはもう少し勝ちに貢献できるように精進したいとの思いを強くした対抗戦でした。


集まり散じて人は変われど、仰ぐは同じき理想のゴルフ!? 今年も早稲田は他校と違い揃いのシャツというわけには行きませんでしたが、それでもチーム一丸となって、楽しく真摯にゲームに望めたのではないかと思います(最後の集合写真が充実感の表れ!)。残念ながら、日程の都合などで参加できないメンバーの方々もいらっしゃいましたが、来年は欲張ってもう一つ上を目指して行きたいと、メンバー一同思いを一つにいたしました。(最終順位:1位慶応15点、2位早稲田10.5点、3位関学7.5点、4位同志社7点。最高気温30℃、湿度70%、白熱度120%)


大里 耕太郎(2001年商卒)

pic1.jpg
posted by シカゴ稲門会 at 02:03| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする