2012年12月15日

早稲田大学留学センター所長及び職員、GLCA/ACMスタッフ、元留学生を迎えて懇親会を開催

2012128日(土)に早稲田大学国際教養学部教授兼留学センター所長の飯野公一教授、留学センター教授兼国際部参与のワット・ポール教 授、留学センターの朝倉孝雄さん、田邊亜紀さん、WASEDA USAの前野岳洋さん、GLCA/ACM Japan Study Program 日本事務局の長山道代さん、Sarah
Asada Bernard
さん、元ACM PreseidentElizabeth Hayfordさん、その他6名のシカゴ在住のアメリカ人元留学生とFour Seasons HotelAlliumレストランでブランチ形式の懇親会を開催致しました。シカゴ稲門会からは、蒲澤会長、小嶋前会長、木村が参加しました。

留学センター.JPG


数ある早稲田の交換留学プログラムの中でも、GLCA (Great Lakes Colleges Association)ACM (Associated Colleges of the Midwest)に加盟する26校とのJapan Study1963年から続いており、日本とアメリカの留学プログラムの先駆者的存在として知られています。来年はJapan Studyが始まってから50周年の記念すべき年だそうです。今回、留学センター所長の飯野教授をはじめスタッフはシカゴ周辺のGLCA/ACM加盟の大学を訪問し、早稲 田交換留学プログラムの改善や拡充などを話し合うためにシカゴにいらっしゃいました。留学センターとは今年WiN (Waseda University International Network) のホームページでシカゴ稲門会紹介の記事を掲載し た経緯もあり、本懇親会の開催に至りました(URL: http://www.cie-waseda.jp/win/jp/officelist/02019.html)。

元留学生の中には、1968-69年に早稲田に留学された方から2009-10年に留学された方まで、幅広い年齢層の方々が集まり、留学中の 話や現在のお仕事の話などをJapan
Study
の歴史を感じました。早稲田に留学後、日本の商社に働いていた方、現在シカゴで日本のロジスティクス会社に勤務している方など卒業後も皆さん日 本での経験を存分に生かしてシカゴで活躍されておりました。

また、早稲田大学では、世界に貢献するグローバル人材育成を大学のVisionにすえて、さまざまな国際教育の展開を図ってきており、シカゴ稲門会としてもこれを機にこれに対応する本部の意向にも併せ、日本の習慣、文化、更に早稲田ス ピリッツを解する早稲田で学んだアメリカ中西部近辺のOBOGおよび現役留学生との交流を活発に深めて行きたいと考えています。稲門会が開催する新 年会にも数名ほど元留学生に来て頂くことになっています。

08年卒・木村和秀記)

posted by シカゴ稲門会 at 10:52| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

サイゴン稲門会から Khoaさん を迎えて交流会を開催

20121115日(木)ベトナムのサイゴン稲門会(ベトナムホーチミン市早稲田大学同窓会)の幹事補佐 Kenny Khoa(コア)さんをお迎えして、Mt.ProspectSakura Restaurantにてシカゴ稲門会との交流会を開催致しました。

Chicago Tomonkai 15112012_1342 (1).jpg
上段左
から高橋さん、温井幹事、染谷さん、森部さん
下段左から福井さん、蒲澤会長、Khoaさん

Khoa
さんは、ベトナム人留学生として1999年に国際学部を卒業され、現在はベトナム産ココア生豆、コーヒー生豆、カシューナッツを輸出する企業に勤めておられます。今回、Navy Pierで開催されたイベント"The Chicago Fine Chocolate Show"出展の為、ご出張されたものですが、シカゴは初めての訪問で、当会の本ブログを見つけてコンタクトいただき、本交流会の開催に至ったものです。

サイゴン稲門会での活発な活動のご様子を、Khoaさんから会合の写真等を見せていただきながらご説明いただき、お陰様で本当に良い機会を得ました。Khoaさん、温井幹事、有難うございました。

また、今回サイゴン稲門会の阿部会長からもメールにてご連絡いただき、シカゴ稲門会の活動状況も知っていただく事ができました。サイゴン、シカゴ双方共、そのような活発な組織がある事を今まで知らずにいたわけですが、稲門会が、海外でもこうした交流があるのは素晴らしく、今後もこうした輪が拡がっていけばと改めて感じました。

なお、シカゴ稲門会の名幹事として各種イベントを開催し、最近の当会の盛り上げ役として多大なる貢献をされた福井さんが、長年に亘った米国駐在生活に一旦ピリオドを打たれて日本(名古屋勤務)に帰任される事となった為、今回は、その最後の最後の送別会を兼ねる事もでき、大変有意義な会となりました。ちなみに、福井さんは、翌朝のフライトで、車は今回出席されたガリバーの森部さんに買取りしてもらった足で、そのまま帰国されるという大変ハードなスケジュールにも関わらずご出席いただき、最後まで早稲田愛とタフなところを見せていただきました。きっと、名古屋稲門会も盛り上げていただける事と思いますので、こちらとも交流を図っていきたいと思います。福井さん、有難うございました。(H6年卒染谷記)

サイゴン稲門会
Facebookペ
ージ
http://goo.gl/JYqWG

早稲田学報2012.6 サイゴン稲門会記事

http://www.waseda.jp/alumni/gakuho/overseas/saigon.pdf

Khoa
さん勤務企業 : NVA International Co.,Ltd.
http://nhatvietanh.com
posted by シカゴ稲門会 at 12:00| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

飯島昇藏・早稲田大学政治経済学術院教授を迎えて意見交換会を開催

シカゴ稲門会は、飯島昇藏・早稲田大学政治経済学術院教授、政治経済学部長をイリノイ州シカゴにお迎えして、928日に意見交換会を開催した。飯島教授はシカゴ大学にて博士号を取得しておられる。飯島教授の訪米の目的は、シカゴ大学で飯島教授の指導にあたった米国人教授のご逝去に際し、追悼演説を行うためである。
 
シカゴ稲門会は創立60周年の記念の年を迎えており、60周年記念誌の作成、早慶戦ゴルフ芝刈大会、早東戦、四大学対抗戦、ラビニア音楽祭、バーベキュー大会、大リーグ野球観戦をはじめとする各種の活動を積極的に展開している。
 
シカゴを主要都市とする米国中西部には、自動車・同部品、機械関係を中心とする“ものづくり”製造業が拠点を構えている。シカゴに進出する日系企業で構成するシカゴ日本商工会議所のメンバーは約500社にのぼる。広大な米国において、質実剛健なものづくり製造業が米国の“背骨”、“屋台骨”となって産業を支えているのが中西部の特徴である。しかしながら、東海岸のニューヨーク、ワシントンDC、西海岸のサンフランシスコ、ロサンゼルスと比較して、日本における中西部シカゴの知名度は高くない。シカゴ稲門会の記録によれば、現職の総理大臣として1999年にシカゴを訪問した小渕恵三首相を歓迎して以降、シカゴを訪問する早稲田大学幹部は少ない。このため、飯島教授を今回お迎えできたのは、シカゴ稲門会にとり貴重な機会になった。飯島教授ご自身、「私は複数の留学候補から敢えてシカゴ大学を選んで一所懸命に勉強して博士号を取得した。シカゴの冬はとても寒さ厳しいが、人々の心は温かい」と中西部への愛着を語ってくださった

2012 飯島教授を囲む会.jpg

飯島教授を囲む会合にはシカゴ稲門会から、小嶋、森、小山、土屋、ダン、福井、野瀬、宇井、中村、田中、木村、眞銅が参加してシカゴ来訪を歓迎した。シカゴ市内の日本料理店ココロ・レストランにて夕食を共にしながら、飯島教授から母校の最新情報を教えて頂き、談論風発が続く有意義な意見交換会となった。

(眞銅竜日郎・シカゴ稲門会副会長)

posted by シカゴ稲門会 at 13:24| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

2012年4大学対抗ゴルフ結果報告

4daigaku 2012 zenntai
毎年恒例のシカゴ4大学のBig Event4大学対抗ゴルフが、今年は例年より早めの9月3日のLabor Dayの日にWhite Pines Golf Course (East)にて開催されました。
ここ最近は、最下位候補と言われて下位に低迷していた我が稲門チーム、今年はゴルフ部員の人数の増加の結果、層が厚くなり、前評判では、優勝候補に挙げられるところまで実力を伸ばしてきました。
例年通り、会長戦、各大学2名で総当たり戦(2名x3試合)特別枠代表戦で繰り広げられた試合。今年は、早稲田メンバー奮戦しました。
 
4daigaku 2012 Sensyu
今年の早稲田代表選手の面々
 

結果として総当たり戦に全勝の昨年優勝の同志社に今年も2年連続優勝を譲ってしまいましたが、早稲田は僅差で2位ということになりました。

優勝 同志社(17点)準優勝 早稲田(12.5点)3位 慶應(7.5点)4位 関学(5点)
2012年は冬の4大学対抗戦に続き2位が続いています。来年は2003年以来のゴルフでの優勝を目指して稲門会、会員全員一丸となり頑張って行きたいと思います。
posted by シカゴ稲門会 at 04:02| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

ブリュワーズ 青木選手応援バスツアーの御報告

2012年8月19日(日)、早稲田大学OB、ミルウォーキー・ブリュワーズ青木宣親選手の応援ツアーに行って参りました。
場所はブリュワーズ本拠地ミラーパーク、対戦相手はフィラデルフィア・フィリーズ。今回は大型バスを借り切り、総勢45名にものぼる大応援団!


ミラーパーク応援3.jpg

早稲田OBのみならず、慶応OB、同志社OBの皆さまなど、多数有志にもご参加いただきました。有難うございました!
集合場所のミツワからミラーパークまで約1時間半、到着すると駐車場では既に至る所でBBQパーティー、否が応でも盛り上がってきますね。
応援席はライト2階席前方の一角、申し分ないポジション、さあ来い青木! 稲門旗を前方に掲げ準備万端・・・・
ところが!スターティングメンバーの中に青木選手がいない!!なんとこんな日に限って休養日・・・。
直後から雨が降り出し、試合の方も、先発のウルフが7回、10安打、5失点と冴えず、打線も青木選手の先発出場がなかったためここまで無得点・・・
しかし、見せ場は終盤8回に訪れました!なんと8回裏1アウト、9番代打で青木選手が打席に立ったのです!
待ちに待った青木選手、応援団もここぞとばかりに稲門旗を揺らし、A(早)−O(稲)−K(田)−I(魂)プレートを掲げ、アオキコール一色、周りの米人も一緒に盛り上がってくれ、大いに沸きました!


ミラーパーク応援2.jpg

残念ながら結果は三振。試合も0−8で負けてしまいましたが、逞しく大リーグで活躍する青木選手を我々稲門OBだけでなく沢山の仲間と直接応援でき、感無量でした。
我々の気持ちが伝わったのか、翌日は一転4打数3安打とフル回転、以降、9月2日までの12試合で15安打10得点、3割4分の活躍。通算打率も2割8分5厘まで戻すなど、調子を上げていますね!(青木選手、これからも頑張ってください!)
ハプニングもありましたが、記憶に残るとてもよい日帰りバスツアーでした。またこうした機会を通じ、青木選手を皆で盛り上げ、応援していければと思います。次回も楽しみにしております!
(幹事役の皆様におかれましては、バス・チケットのご手配など、お忙しい中数々ご準備誠に有難うございました!)
(H3卒 温井記)
posted by シカゴ稲門会 at 04:19| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

シカゴ稲門会60周年記念BBQ大会 御報告

BBQ集合写真.jpg
中西部は、暑い毎日が続いていますが、お元気ですか?
8月5日(日)に稲門会バーベキュー大会が開催されました。

BBQ写真.jpg
アメリカはBBQの季節です。猛暑続きの夏でしたが、この日だけは気温も控えめ、涼風吹き抜ける絶好のBBQ日和でした。
なんと、アメリカ稲門会なのに、BBQイベントは初めだそうです。

ポークリブやステーキの定番どころから、とうもろこしやパプリカを豪快に丸焼き。さらには、タコの丸焼きを使ったマリネサラダを会場で作ってしまう、料理上手な方たちに感謝です。

最後は夏の風物詩のスイカ割り。棒を用意するのを忘れてしまい、ゴルフのアイアンを使ってスイカ割りにチャレンジ。見事命中、ヘッドがスイカにめり込みました。やはり割れませんか・・・。
総勢30名の老若男女が4時間余り、おなかいっぱいになるまで食べて、話して、笑い楽しむことができました。企画・準備にかかわった皆様、ありがとうございました。休日のところ、参加された皆様、お疲れさまでした。
次回のイベントも、楽しくわいわいやりましょう。
(96年卒 菅野記)

 


 


 
posted by シカゴ稲門会 at 15:28| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

2012年 ラビニア音楽祭の夕べ

2012年7月29日 夏恒例ラビニア音楽祭での稲門会の集まりを無事終了することができました。
当日の演目はシカゴシンフォニーによるチャイコフスキーでした。聞き覚えの曲も多く、曲の間に大砲も鳴り迫力のある演奏でした。
今回は、初めての稲門会参加の方も多く、おしゃべりにも興じたかったのですが、クラシックの演目だったため演奏中はできず、来年以降はもっとわいわいとおしゃべりも楽しめるPOPかJAZZの演目の日にしたいと思いました。
RAVINIAはメモリアルデーからレーバーデー週末まで毎晩、様々なジャンルの音楽を演奏されています。全米でもこういった場所はシカゴ以外ではNY、ボストンくらいだそうです。シカゴにいらっしゃる間に是非お出かけください。
これからもご家族で楽しめる企画を考えていきたいとおもいますので、何かアイディアがありましたら幹事までご遠慮なくお知らせください。
ダン奈津子
 2012 ラビニア写真.jpg
ラビニア参加者のくつろいだ様子
posted by シカゴ稲門会 at 20:18| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

早稲田OB Brewers 青木選手応援@セルラーフィールド

6月23日USセルラーフィールドでのミルウォーキーブリューワーズ対シカゴホワイトソックスの試合、早稲田大学稲門会シカゴメンバー有志で、我等が早稲田のOB青木宣親選手(ミルウォーキーブリューワーズ所属)の応援に行ってきました。

当日は暑すぎず、寒すぎず、風は良好で、レフトでも、ライトでもどのポジションに青木選手がいてもいいように、センター向かってレフトよりに陣取り、青木選手と同じく2004年卒の稲門会渡辺さんのお手製看板(AOKI、早稲田魂)を掲げ、熱く応援をしました。

001

当日の試合内容に関しては、非常に拮抗しており、6回裏終わって6対6の同点で迎えた7回裏にブリューワーズ投手陣が乱れホワイトソックスへ1点を献上、続いて8回にも1点を取られ8対6で負けてしまいました。しかし、我等が青木選手は、前日までの3試合で、13打数2安打と快音から遠ざかっておりましたが、稲門会パワー?もあっての爆発なのかこの試合、4打数3安打、1死球に4盗塁の大活躍、特に1試合4盗塁は球団タイ記録とのこと。これで、打率を2割8分に戻した青木選手、続く日曜日の試合でも5打数1安打、2出塁といよいよ、エンジンが掛かってきたみたいです。

TV 証拠

青木選手のエンタイトル2塁打で看板を振って喜ぶ稲門メンバー

最後に、稲門会メンバーが声を張り上げて、看板を掲げる応援の姿がミルウォーキーブリューワーズの広報担当の目に留まったみたいで(幹事長福井さんの青木選手奥さんへの連絡が奏功したという見方もありますが)、途中で写真をとられる一幕もどこかで、彼らのサイトに我々の写真が掲載されるかも?これを機会に、青木選手を応援する輪が広がっていくと良いですね。

(06年卒 高橋記)

posted by シカゴ稲門会 at 03:07| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

早慶ゴルフ対抗戦結果報告

早慶ゴルフ対抗戦結果報告

2012616日(土) Lemontの 難コースRuffled Feathers Golf Clubにて第54回シカゴゴルフ早慶戦が行われました。例年からは想像も出来ない、非常に暑い天気でしたが、ゴルフのプレー自体も天気に負けず劣らず非常に熱い戦いとなりました。

稲門会は19名、三田会は20名総勢39名の参加者となり、稲門会側の参加者が大幅に増えて賑やかなゴルフ対抗戦を執り行うことができました。

 2012 早慶ゴルフ集合写真.jpg

両校参加者の写真

昨年までの戦跡は慶應39勝、早稲田14勝。さらに昨年まで早稲田は14連敗と厳しい戦いを強いられてきました。必勝を期して陣営を立て直して望んだ今年は、チーム戦10組の結果、55と全くの互角でした。副賞での対決は、ドラコンは互いに一つずつ取ったもののニアピンが慶應3ホール、早稲田1ホールということで惜敗。結果として15連敗となってしまいました。来年こそ頑張りましょう。

clip_image004[4]

稲門会参加者の写真 (優勝のVサインのはずだったのですが)

posted by シカゴ稲門会 at 02:31| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

シカゴ稲門会 会員訪問記

シカゴ稲門会蒲澤会長と渡部さんによる、シカゴ稲門会会員の訪問記を掲載いたします。

アメリカに鯉を!鯉に恋する稲門夫婦


2012年5月5日、稲門OBで脱サラ後、やや‘’変わった‘’錦鯉の事業を営んでいる川除さん(1971年卒)を訪問しました。場所はChicago郊外のMarengoにて“KOI POND SUPPLY OF JAPAN, INC.”と言う社名です(自宅兼事業所)
Marengoは、Chicago中心部から北西に車で1時間半ほど行ったところ、Rockfordのすぐ東に位置しており、中規模の農場や牧場と市街地が共存する都市です。
川除さんは、1999年に駐在員としてChicagoに赴任され、2003年に独立、現在は日本の国魚である錦鯉を通じてアメリカに日本の文化を広げるビジネスを営まれています。
写真1
−インタビュー−
1.鯉ビジネスを始めた動機
帰国命令が下ったときに、退社を決意、その後鯉愛好家の知り合いの奨めでシカゴに残り、鯉関係の仕事を始めることになりました。元の勤め先が鯉池で使うポンプを扱っていたことも遠因です。
2.簡単な事業の説明、流れ
鯉ならびに、鯉池に関連するもろもろのことをやっています。多種にわたる商品の輸入、卸、小売から、池の新設改良、メンテナンスまで。最初は鯉池の設置を主に考えていましたが、競合関係、日本人としての利点を生かすべく、今では、特徴のある高性能の日本製品の販売(ポンプ、鯉網等)と、日本から輸入した鯉の販売に力を入れています。
3.苦労話、経験談等
グリーンカードを持っていない状態でしたので、独立時には、ビザの取得に苦労しました。E2ビザ(いわゆる投資家ビザ)を取得しているのですが、“自宅とは別に事務所を借りなければならない”、“従業員を二名以上雇わなければいけない”等の条件を事業開始当初にクリアするのは大変でした。
錦鯉自体は、Walmartがアメリカ産の安価なものを扱っていたりするので、当社では日本からの高品質魚の輸入にこだわっています。丁寧に育ててれば品評会に出るような魚に育つと自信を持っています。
写真2
また、日本のある魚具メーカーが製造している鯉をすくうための網(柄の長さが2m以上あるような大きなもの)が、アメリカ人愛好家の間で大変人気があり、その輸入販売が今では事業の一つの柱になっています。日本の“モノづくり”の素晴らしさを再認識しています。
会社のロゴマークは、日本人デザイナーの方にお願いして作っていただいたもので、どこか日本国旗の日の丸を彷彿させるところもあり、大変気に入っています。これからも“鯉ビジネスを通じて日本の文化をアメリカに広める”という気概を持って、日々の仕事に励んでいきます。
(会社のURL:http://www.koipondjapan.com/index.htmlhttp://www.koipondjapan.com/images/00KOIPONDO_Illustration.jpg
お子様達はそれぞれ家庭を持ち独立されており、Chicagoでは奥様とペット(犬・猫)と暮らしているとのことです。事業所見学の後は、ご自宅で奥様の手料理をいただきながら、赴任時代の思い出話や、稲門会の今後の発展についての熱い会話も交わされました。
“サラリーマンとしての海外赴任を経て現地で独立”という川除さんの活躍ぶりを拝見し、稲門会の一員として誇らしく思えるOB訪問となりました。
写真3
(蒲澤信男・渡部良一:訪問者記)
posted by シカゴ稲門会 at 20:58| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

2012年 早稲田 同志社ゴルフ対抗戦

 

2012年 早稲田 同志社ゴルフ対抗戦

2012512日(土) シカゴ西部Elginにある The Highlands of Elginにおいて昨年度4大学対抗戦優勝校である同志社OBとのゴルフの対抗戦が開かれました。今回のゴルフ場はいわゆるリンクスタイプのゴルフ場で、天気によっては大変難しいことも予想されましたが、参加者の日ごろの行いのよさで、曇り空とはいえ心配された雨や風もなく、同志社6名、早稲田10名の計16名で対抗戦を実施することが出来ました。今回はダブルペリア方式で個人の順位を決め上位10名の順位点とニアピンドラコンで1点ずつを加算して勝敗を決めました。

  実力は接近している両校ですが、昨年はハンディキャップの上限を決めなかった結果勝負運の強い同志社チームが上位に入賞者を並べ敗退しましたが、今年は新人の参加などあり早稲田側の圧倒的な勝利となりました。昨年の東大戦での勝利に続き勝利を重ね始めることが出来ました。シカゴ稲門会は2000年台前半以降ゴルフの対抗戦では苦杯をなめてきていたようですが、今回の勝利を受けてまた前進していきたいと考えております。

勝利に浮かれて参加者の写真を取り忘れてここに掲載できなかったことをお詫び申し上げます。申し訳ありません。ゴルフ場の写真だけを掲載しておきます。6月の早慶ゴルフにおいては、慶應の15連勝を阻むべくこの勢いで臨んで行きたいと考えております。

Highlands of Elgin
posted by シカゴ稲門会 at 21:14| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

2012年シカゴ稲門会 春ゴルフ大会

2012年 シカゴ稲門会 春ゴルフ

シカゴ稲門会春ゴルフ実施しました。参加者の一人木村さんのイベント紹介及び参加感想文を御紹介いたします。

 

2012429() Indian Lakes Resort にてシカゴ稲門会・春ゴルフを行いま した。天候は曇りで、まだまだ肌寒い典型的なシカゴの春の様子でした。ここの コースは基本的に広々としていますが、池・ クリークは少なく、バンカーが多 いという印象でした。個人的にはバンカーに何度も入れてしまい、苦しみました。 今回は、私を含め初参加の方が2名おり、計10名でラウンドしました。私自身、 稲門会ゴルフは初参加でしたが、皆様とても明るく優しい方ばかり で、楽しく ラウンドできました。新しく出会う方とこうやってゴルフをするのも気分転換に なって良いものです。 シカゴのゴルフシーズンはまだ始まったばかりですが、今後暖かくなると共に皆 さんと一緒にスコアアップ目指して頑張りたいです。来月から始まる対 抗戦で は今回より良いスコアを出して勝利に貢献できればと思います。 2008年・政経卒)木村和秀

 

2012稲門会春ゴルフ.jpg

参加者の写真

posted by シカゴ稲門会 at 00:41| シカゴ ☔| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

4大学対抗戦 冬の陣 結果報告

4大学対抗戦 冬の陣 結果報告

 clip_image002

参加者全員の懇親会の写真

  2012年1月29日、AddisonのChicago Indoor Racingにおいて、4大学対抗戦冬の陣(Winter Series)が開催されました。昨年と同様の会場ですが、今回幹事校である関学の選択により、Indoorカートレースは行わず、車上ラクロスのみでの対抗戦となりました。早稲田からは、選手としての参加者が8名、そのご家族や応援のみの方を含めると15名程度が集まりました。 昨年2011年の様子は、「4大学対抗戦 冬の陣 結果報告」http://chicago-tomonkai.seesaa.net/archives/201102-1.html をご覧ください。早稲田はカートレース4位・ラクロス3位で総合4位という苦い結果に終わっています。その経験(反省)を活かし、今回は福井GM兼ヘッドコーチ兼キャプテンの下、事前にポジションや作戦を練って事前に情報共有し、試合に臨みました。車上ラクロスは、コントローラで動かすカートに選手が乗り込み、小型のラクロスラケットを使いボールを(バスケットのように頭上にある)ゴールへ入れるゲームです。 各校総当りで2試合ずつを行い、勝ち点の合計で順位を競います。勝ち点は、勝利:3点、引き分け:1点、負け:0点となっています。勝ち点で並んだ場合は得失点差で順位が決まるので、毎試合が真剣勝負です。

 clip_image004

試合の様子

試合内容についてですが、弱冠30歳(?)の新人2名を加えて昨年より平均年齢をぐっと下げた早稲田は、前半3試合でなんと各校を撃破し3連勝。いきなりトップに踊り出ました。しかし後半、前半3試合で不調であった慶応がいきなり調子上げてきて12対0と大敗。同志社には再び勝ったものの、優勝の行方は、最終試合である対関学戦にまでもつれ込みました。早稲田は、勝つか引き分けで優勝が確定したのですが、残念ながら、3対9で負けてしまいました。結局、勝ち点は同点でしたが、得失点差により関学の優勝となり、早稲田は準優勝(2位)でした。 優勝のチャンス目前で勝利を逃して、非常に残念な結果でした。しかし、今年は、箱根駅伝に例えると往路では優勝ですので、復路で若干失速しましたが、来年以降は総合優勝が出来るような土台を築くことが出来たと確信しております。エースストライカー不在の中、守備・攻撃に持ち場を守り全員の力で試合を戦うこともでき、観戦者を含め、応援にも力が入り非常にExcitingな時間を過ごすことができました。 次回以降も又チャンスがありましたら、皆さんのご参加をお待ちしております。    [最終結果] 優勝:関学、2位:早稲田 、3位:慶応、4位:同志社

<2004年卒 渡部良一 記>

clip_image006

早大参加者の集合写真

posted by シカゴ稲門会 at 20:49| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

シカゴ稲門会 2012年度 活動予定

 

シカゴ稲門会 2012年度 活動予定

 

本年はシカゴ稲門会創立60周年に辺り多彩な行事の実施を検討中です。

<シカゴ稲門会60周年記念行事(予定)>

  記念式典

  バーベキュー大会

  Brewers 青木選手(04年早大卒)応援ツアー@Milwaukee

  Orioles 和田投手 03年早大卒) 応援@White Sox

  ミラービール工場など見学会

  テニス大会 秋

  ゴルフ大会 (年2回以上)

  ゴルフトーナメント観戦ツアー (シカゴエリアでのプロトーナメント)

 

*野田総理が5G8サミットでシカゴに来られる時に、総理を囲む会の実施については、可能性を探っております。

G8サミットはシカゴからキャンプデービットへ変更となり、総理を囲む会の企ては頓挫いたしました。

 

<大学対抗戦>

  4大学対抗戦 冬の陣 129日@シカゴインドアレーシング

  シカゴ稲門会60周年記念 ゴルフ早慶戦

  シカゴ稲門会60周年記念 ゴルフ早同戦

  シカゴ稲門会60周年記念 ゴルフ早東戦

  4大学対抗ゴルフ

posted by シカゴ稲門会 at 00:00| シカゴ 🌁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

2011年 忘年会、総会 報告

 

2011年 忘年会・総会 報告

111210日(土)Mount Prospectの居酒屋三九におきまして2011年総会兼忘年会を開催いたしました。

年の瀬の土曜日で会員各位お忙しいとのことで、出席者が11名と例年より減少しましたが、少ないながらも幅広い年代層での参加となりました。

年代差があるものの、楽しく歓談できたのはさすがシカゴ稲門会メンバーの懐の深さ、柔軟性と言えるでしょう。

ゲームの部では、くじ引きで決めた席順でチームを作り、出されたお題に結びつく言葉を数多く出したチームが勝ちというゲームを行いました。くじ引きで決まった席順にも関わらず、微妙に年齢別分類されるチーム構成となり、各世代間の違いも垣間見ることが出来ました。 クリスマスと言えば?という題では、ビングクロスビーと回答するチーム、ワムと回答するチームありました。早稲田というお題では、各世代共通のお店の名前が出たり、各世代間で理解不能なものも出てきたりして、解説を聞きながら、盛り上がりました。

楽しい時間を予定を大幅に延長して過ごした最後には、例年通り三九さんのカラオケセット利用して校歌を斉唱し、エールを切って会を終了しました。

校歌に関しては、我々とは全く関係の無いお客様の目前で歌うことになりましたが、文句を言われるかとひやひやしましたが、拍手を頂き、喜んで頂きました。 来年も、引き続き校歌をシカゴで歌い、年を締めるべく計画をしてきたいと思います。

      2011 稲門会総会忘年会2
posted by シカゴ稲門会 at 02:14| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

ゴルフ早東戦 第2戦

ゴルフ早東戦 第2戦 結果報告

 

20111015日(土)Palatine Hills Golf Courseにおいて東大OBとの2011年第2回の対抗ゴルフが開催されました。

本来は、稲門会ゴルフ部秋のゴルフという企画の予定でしたが、前回敗者の東大OB側より再戦の申し入れがあり、当方が受けて立つ形で試合が開催されました。

雪辱に燃える東大からは8名早稲田からは7名の総勢15名で試合が執り行われました。

ダブルペリアで上位12位までの順位点合計及び、ニアピンドラコンでの合計点で勝敗を決するルールとしました。

結果、順位点の合計では全くの同点、ニアピンも引き分けとなりましたが、ドラコン2Holeを今回新しく参加した、東大若手の飛ばし屋に取られ、4341の得点で、東大側の勝利となりました。残念ながら今年は、連勝というわけには行きませんでした。

本戦にて稲門ゴルフ部の2011年シーズンは終了です。各大学との対抗戦は1勝3敗、4大学戦では最下位と残念な結果でしたが、徐々に実力は上がってきている手ごたえを感じています。来年に向けて、会員スキルの向上と、新規上級者の加入を願います。

posted by シカゴ稲門会 at 00:23| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

2011年4大学対抗ゴルフ

ゴルフ4大学対抗戦 結果報告

2011925日(日)Red Tail G.C.において2011年度シカゴでの同窓会ゴルフの最大イベントである4大学対抗ゴルフ大会が開催されました。

例年通りの会長戦、各校総当りのマッチプレーに加え特別枠2つのマッチプレーを行い熱戦が繰り広げられました。稲門会に関しては、下馬評、実力最下位とのことでなんとか一矢を報いるべく試合に臨みました。

結果は、各校とのマッチプレーで全て敗退してしまい事前の予想を覆せる展開にならず最下位となってしまいました。優勝同志社、2位関学、3位慶應。

来年に向けて、今年からはじめた、毎週金曜夕方の練習会などを通じ、稲門ゴルフ会員同士の研鑽を継続して行い栄冠を目指して努力を重ねて行きたいと思います。

4大学ゴルフ全体

全体写真

早稲田チーム選手

早稲田出場選手 "反省〜” ポーズです。

posted by シカゴ稲門会 at 02:56| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ゴルフ早東戦

ゴルフ早東戦 結果報告

2011910日(土)Red Tail G.C.において東大OBとの対抗ゴルフが開催されました。絶好のゴルフ日和の元、早大から10名、東大から6名が参加、総勢16名で和やかに対戦を致しました。

ダブルぺリアで各校上位5名のネットによる順位点合計での勝負というルールで今回の対戦が行われました。結果は、早稲田の勝利となりました。

早稲田としては、最近の対抗戦では負けが込んでいて久々の勝利となりました。

 

posted by シカゴ稲門会 at 00:31| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

ラビニアフェスティバル 音楽鑑賞会

シカゴ稲門会ラビニア・フェスティバルの夕べのご報告



シカゴ稲門会・夏の恒例行事、ラビニア・フェスティバルの夕べが8月6日(土)、シカゴ北郊外のラビニア・パークで開催されました。参加者は小嶋会長をはじめ、ご家族の参加も含めて12名でした。また、小山シカゴ稲門会元会長の他、当会のメンバーの数人の方が、中部日本人会(MAJAC)の会員でもあることから、両会合同の集いといたしましたので合わせて三十名近い参加者となりました。


 シカゴ稲門会の旗を掲げ、芝生席に青い大きなシート を敷き、グループの席を確保いたしました。参加者の皆さんそれぞれがお料理と飲み物を持参し、ポトラック・スタイルでお料理を分け合い、ワイン・ビールを飲みそして大いにお喋りを楽しみました。食後、7:30PMから開始されたシカゴ・シンフォニー・オーケストラの演奏はCSOがラビニア・フェスティバルに初登場以来の75周年を記念する特別コンサートでした。曲目はチャイコフスキー、モーツアルトそしてドヴォルザークの聞き覚えのある曲ばかりで、晴れた夕暮れの下、重くそして軽やかな演奏を堪能いたしました。賑やかだった蝉の鳴き声も、陽が落ちるとともに静かになり、コンサートが終った9:30PM頃には夜の帳がスッカリ落ちていまし た。


CSOの華麗な音を耳に残しながら、これぞシカゴアンが誇る夏のイべントと改めて思いながら、夏の夜の集いも無事に終りました。
 皆様からのご協力ありがとうございました。


 幹事:ダン奈津子



posted by シカゴ稲門会 at 18:26| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

2011年8月6日(土)Ravinia 音楽祭 鑑賞会開催案内


Ravinia音楽祭の夕べ ご案内


シカゴ稲門会の皆さま

 

皆さま、夏をいかがお過ごしでいらっしゃいますか? シカゴにも熱波が襲来いたしましたが、本日(7/22)の朝はサンダー・ストームとなり少し涼しくなりました。

  毎夏恒例のRAVINIAの夕べを以下のように開催致しますので、皆さま奮ってご参加くださいますようお願いいたします。OB・OGの方をご存知でしたら、その方にもお伝えしていただければ幸いでございます。ご家族、お友だちの参加は大歓迎です。

 

1 日時: 2011年8月6日(土)開門:午後5時 開演:午後7時半

2 演目: シカゴ・シンフォニー・オーケストラ(CSO

*詳細は以下サイトにてご確認ください。

3 集合時間及び場所:午後6時頃目標でお集まり下さい。芝生席にシカゴ稲門会旗を置き、スポットが分かるようにいたします。ご出席される方は、事前に連絡先携帯電話番号をお知らせします。

4 チケット:芝生席は無料です。CSO75周年記念のギフトとして芝生席が無料で開放されます。1家族につき2人まで無料です。但し、以下のサイトにて無料チケットご予約ください。

 

http://www.ravinia.org/ViewDate.aspx?date=8/6/2011

 

*8月06日のイヴェントを開きましたら、次の手順で予約して下さい。

@ Perlman Conducts Fleisher の項を選ぶ。

A Lawn Tichet Buy Nowをクリックする。

      B   PRINT @HOME又はWILL CALLを選ぶ。

以下、要求項目を入力し注文して下さい。PRINT@HOME を選んだ場合は予約内容(各人1枚)を印刷し、当日ゲートで提示して下さい。WILL CALLを選んだ場合は、当日に正面入口のチケット・ボックスで受け取って下さい。

5 飲み物: アルコール持込可。

6 食べ物: ピクニック形式ですので、それぞれお持ちください。

園内でも買えますが 高めです。

6 持ち物: 折り畳み椅子、ジャケット(夜は結構涼しくなります。)虫除けスプレ

ーまたはキャンドルなど。敷物は幹事が用意いたします。

 

 

野外パーティ・スタイルのため、どれくらいのスペースが必要となるかを把握するため、参加される方は、chicagotoumon@live.jpまで連絡ください。

 

夏の夜、シカゴ・ライフを多くの皆さまとご一緒に楽しみたいと思っております。

 

 

posted by シカゴ稲門会 at 08:41| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする