2014年02月18日

2014年 シカゴ稲門会新年会

2014新年会だるま.jpg

新年2014年を迎え、シカゴ稲門会では、去る125日にレストラン「だるま」にて、新年会を開催しました。今年は、
初めて稲門会に参加された7名を迎え、総勢34名の方にご参加頂き、大変にぎやかな会となりました。

松井幹事長の進行により、蒲澤会長の乾杯で、新年会はスタート致しました。おいしい料理とお酒と共に、同窓との話が弾みます。

会の半ばで、昨年の活動報告がございました。ゴルフ会からは、昨年は他校との対抗コンペでの惜敗も多く、本年の飛躍を誓いました。また、昨年に開催しましたBBQ会、ラビニア音楽鑑賞会を、本年も開催予定です。

初参加の方々の自己紹介を兼ねたスピーチのあと、早稲田大学USAの前野様より、現在と将来の早稲田大学のご紹介と、早稲田大学サポーターズ倶楽部のご案内を頂きました。当日、サポーターズ倶楽部のご寄付にご協力いただきました皆さま、改めてお礼申し上げます。

さて、会の締めくくりは、中野さんのエールによる「紺碧の空」と「早稲田大学校歌」の斉唱です。中野さんのエールはすばらしく、久しぶり「早稲田大学校歌」がシカゴに響きました。そして「フレーフレー早稲田」と共に、新年会は終了いたしました。お休みのところ、また寒い中、お集まり頂きありがとうございました。

H6卒 菅野)



posted by シカゴ稲門会 at 06:25| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

4大学対抗ゴルフ

去る9月2日、好天のもと恒例の東西4大学(早稲田・慶応・同志社・関学)対抗ゴルフコンペが開催されました。

前回大会は早稲田の下馬評が高く優勝候補の呼び声が高かったものの、残念ながら僅差の2位。今年は同志社の連覇を止め、ついに優勝かと皆さん意気揚々と現場に集合。

現場に到着すると、ん、、、何だかお揃いのシャツを着た集団が。某大学(A)は全員母校のポロシャツ姿。某大学(B)(C)も全員シャツの色、帽子をそろえていて、皆さん強そうでかっこいい。一方我がチームはというと、母校のポロシャツ着用は会長含め2名だけ。その他メンバーはシャツの色も帽子もてんでバラバラ。誰がチームのメンバーなのかよくわからない。統一感とかチームの一体感が微塵も感じられず、いかにも早稲田らしい。この姿勢で本当に勝てるのかとやや不安に思ったものの、いやいやこれで勝つのが早稲田だろう、と気を取り直す。

4大学ゴルフ全体写真.jpg
(↑ご覧のとおり、お揃いじゃないのが早稲田です)

全員集合のあと集合写真を撮って、コンペがスタート。優勝目指してがんばれ、と心の中で大きな声で叫んで皆さんを送り出す。第一組、会長ナイスショット!いい感じでスタートしたものの、、、

最終結果は、1位−同志社、2位−関学、3位−慶応、早稲田は4位。同志社がぶっちぎりで3連覇を果たしました。我がチームは代表戦、特別枠とも確実に得点をしたものの、ダブルスマッチで結果が出せず。期待の若手エースのチームも最後までもつれたものの惜敗という結果でした。うーん、残念。

表彰式のあと、同志社チームは全員外に出て何やらやって盛り上がっている。どうやら優勝カップとともに記念撮影をしてる模様。めちゃくちゃうらやましいぞ。こちらも負けじと稲門会の旗と一緒に記念撮影。悔しさを隠してここは笑顔で。

4大学ゴルフ__.JPG
(↑最下位でもみなさん笑顔)

主力メンバー多数が今年日本に帰任されたことから、前回参加者がわずか2名と大幅な経験値ダウンにみまわれた早稲田。しかしそれは言い訳。これから1年間ゴルフ道に精進して、次回は皆さんぜひとも優勝を目指しましょう。あ、ユニフォームなんかそろえなくても優勝できますからね。次回は優勝カップ+バラバラの格好の写真とともに結果報告できるよう頑張りましょう。

S.61商卒・天白)

posted by シカゴ稲門会 at 04:29| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

ブリュワーズ青木選手応援/ミラー・ビール工場見学バスツアーのご報告

8月18日() 早稲田大学OBの ミルウォーキー・ブリュワーズ 青木宣親選手を応援するということで、シカゴ稲門会と三田会との合同バスツアー(総勢31名)に参加させて頂きました。

野球観戦2.JPG


旗.JPG

昨年に引き続き、2回目の夫婦での応援ツアー参加となりましたが、今年は試合の前にミラー・ビールの工場見学に立ち寄りました。日曜日ということもあって、工場は稼動していませんでしたが、フットボールフィールド5個分という物流倉庫に積み上げられたビールの山には圧倒されました。見学の最後にはお目当ての試飲をして、工場を後にしました。

ビール工場2.JPG

ビール工場からブリュワーズの本拠地ミラー・パークまでは、バスで15分ほど。駐車場のBBQの煙をくぐって向かった球場では、ファン感謝キャンペーン開催中で観客各々に$10分の食券が配られており、なんだか得をした気分でした。今年の座席はライト側ポール手前で、ちょうどライトを守る青木選手に一番近い場所でした。稲門旗を掲げていたところ、青木選手が気づいてくれて、練習ボールを投げ入れてくれ、見事に蒲沢会長がキャッチしました。

青木選手のボールと蒲澤会長.JPG


対シンシナティ・レッズの試合そのものは、ブリュワーズの先発投手の乱調による四球押し出しで、前半に大量失点。A(早)−O(稲)−K(田)−I(魂)プレートでの応援もむなしく、我らが青木選手はノーヒットで途中交代してしまいました。試合は9−1でブリュワーズが昨年の応援ツアーの試合に引き続き、負けてしまいました。

結果は残念でしたが、野球観戦にはもってこいの晴天の下、とても楽しい一日を過ごすことができました。(お土産としていただいた青木選手の首振り人形、よく似ています!!)企画・運営してくださった皆様、本当にありがとうございました。

(十河)


posted by シカゴ稲門会 at 09:00| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

RAVINIA音楽祭

コンサート会場はシカゴ郊外で森と自然に囲まれた環境の中で行われ非常に快適でした。

ブログ用.JPG
 
 

 
コンサート中は、とてもリラックスした時間を過ごす事ができましたが、時折大砲が打たれ、エキサイティングな場面もありました。

IMG_1091.JPG

 いい演奏を聴いた後、美味しいご飯とお酒を用意してくださいました皆様には大変感謝をしております。
 
この日コンサートに行くことができ、そこでの色々な人達との新たな出会いが、これからの友好を広げるのに絶好のいい機会となりました。
 
今後ともまた、いろんな機会に参加させて頂き、またイベントを企画していくつもりでもあります。
 
以上、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 
(小清水 淳太)

posted by シカゴ稲門会 at 01:25| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

2013年稲門会BBQ大会




2013-07-14 11.01.55.jpg

7
14()晴天の下、28名の老若男女がバーベキュー大会に集まり、楽しいひと時を過ごしました。88度の炎天下を心配しましたが、会場のBasseの森、木立から吹き寄せる適度の風も心地よく快適でした。そのせいか皆さん食欲旺盛で用意した食材をほとんど食べきり、準備人は大満足です。ちなみにその量をきしますと、醤油麹につけたリバイ・ステーキ肉3枚、カルビ肉26切れ、ポーク・リブ7、たこ4個を焼いたタコ・サラダ、スモーキー・ソーセージ4個、焼いたアスパラとなす、焼きお握り、コーン、デザートにはスイカと白桃でした。食後は自己紹介を兼ねたスピーチがあり、それぞれのカップルの成り立ちが紹介されたりと友好を深める良い機会となりました。なかでも白井夫妻の見事なダンスが圧巻でした。

( 土屋 )

2013-07-14 14.49.37.jpg



posted by シカゴ稲門会 at 10:45| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

早慶ゴルフ対抗戦

201362日(日)、Prairie Landing Golf Clubにて、今回で第55回となる伝統の早慶ゴルフ対抗戦が行われました。暑かった昨年とは打って変わり、本年は非常に気温が低く、昨日までの雨の影響が残る生憎のコンディションでしたが、早稲田の参加者全員「何としても
早稲田の16連敗を食い止める」と意気込みで燃えていました。

Soukei Golf Match 2013-06-02.jpg


対抗戦は、稲門会は17名、三田会は19名の総勢36名が9組に分かれて、各組ごとにシングルマッチプレー、ダブルススキンズマッチ、ダブルスマッチプレーのいずれかで慶応と戦いました。
昨年同様、本年の早慶の戦いも非常に接戦となり、組ごとの対抗成績は4勝5敗(得点は20点対25点)で、ニアピン・ドラコンの獲得状況次第で逆転があり得る展開だったのですが、こちらも3対4(3点対4点)の結果に終わり、合計得点23点対29点で、惜しくも勝利を逃してしまいました。

Soukei Cup to Keio 2013-06-02.jpg


これで通算成績は慶応の41勝 早稲田の14勝となり、残念ながら早稲田は連敗を16に伸ばしてしまいましたが、最後の蒲澤会長のご挨拶の言葉の通り「慶応の背中は見えている」状況ですので、何としても次回慶応に雪辱していきたいと思います。


( H2卒 宇井 )



posted by シカゴ稲門会 at 08:50| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲門会春の親睦ゴルフ

4月20日(土)に、今年度最初の稲門会春の親睦ゴルフが行われました。
稲門会春ゴルフ 2013-04-20.JPG

ゴルフ幹事でもある大友さんの送別も兼ねており13名の方に参加いただきました。

数日前まで豪雨で水に浸かったWhite Pines GCがプレーが出来るのか心配されましたが、天候は寒かったですが快晴で、何とか水溜りを避けながらプレーが出来ました。  グランドコンディションが悪かったせいか、皆さん苦戦されていましたが、その中でも大友さんが、2つのバーディーを取り、ベスグロと活躍し、優勝されました。 優勝挨拶では、シカゴでのゴルフで楽しかった思い出などを語っていただきました。

次回の稲門会ゴルフは秋の大会となりますが、それまでにも何回かゴルフが出来る機会を作りますので、皆様のご参加をお待ちして居ります。

( 事務局、松井 )

posted by シカゴ稲門会 at 08:40| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

2013年5月度 大学対抗ゴルフ 早稲田 対 同志社

5月11日に行われました、大学対抗ゴルフで、早稲田が対同志社戦2連覇を果たしました。

2013-05-11, 早同戦、早稲田優勝.JPG

2013-05-11 早同戦、合同写真.jpg

各選手、強風と寒さで苦しむ中で、ダブルペリアでハンディーを計算する方法での競技でしたが、平均グロスでは負けたものの、ハンディーに恵まれて、参加数で圧倒した早稲田が上位10名の内、7名を占め、ポイントでは大差をつけての勝利でした。

早稲田の上位成績者は、個人優勝が白井さん、松井が2位、4位眞銅副会長、5位木村さん、7位蒲澤会長、8位志岐さん、10位宇井さん、と、見事な'完全勝利でした。

他、参加者は、小嶋さん、森さん、仁尾さん、富山さんの各選手でした。

添付の写真は、10名ですが、実際の参加者は11名で、木村さんが、所用でプレー後すぐに帰られましたが、その木村さんは、早稲田の中で一番若く、一番良いスコアを出されました。

早稲田の参加選手の嬉しそうな顔が、次の早慶戦へもつながる予感を感じさせてくれる嬉しい一日となりました。

早慶戦の日程は、既にご案内して居りますが、大勢の皆さんのご参加をお待ちして居ります。

早慶戦も燃えますよ。  既に燃えています。

525日の早慶戦と同じ場所での練習会へのご参加希望も募って居ります。(締め切り、516日まで延長いたします。)

ゴルフ幹事兼事務局、松井

posted by シカゴ稲門会 at 10:15| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

2013年度イベント紹介「ブリュワーズ青木応援ツアー&ビール工場見学」「バーベキュー」

さて、4月に入りシカゴもだんだんと暖かくなってまいりましたが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
下記に、2013年度の稲門会イベント「ブリュワーズ青木応援ツアー&ビール工場見学」と「バーベキュー」との告知をさせていただきます。

◆ブリュワーズ青木応援ツアー&ビール工場見学
【日程】
6月22日(土)
ミルウォーキーブリュワーズVSアトランタブレーブズ (3:10PMより開戦)

現在、打率4割越えで大活躍中の青木選手(04早稲田卒)を応援に行きます。
試合の前にビール工場見学を行う予定です。
JTB協賛で大型バスにて4大学及びその他野球愛好家が参加予定。
※詳細な案内は別途行います。

◆バーベキュー
【日程】
7月14日(日)
開催時間 11:00AM〜3:00PM

稲門会60周年記念のイベントとして去年からスタートしたバーベキューのイベントですが、大変好評だったため、今年も開催いたします。
シカゴの夏と自然を感じながらみんなで楽しくバーベキューをします。
※詳細な案内は別途行います。

以上、2013年度は上記以外にもさまざまなイベントを予定しておりますので、みなさまふるってご参加お願い申し上げます。

(IT担当 06卒・森部)
posted by シカゴ稲門会 at 07:15| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

2013年 新年度総会

従来は、忘年会としの総会でしたが、今回は、初めて新年での総会となりました。過去一番と言えるほど多くの方にお集まり頂きました。
遠くは、NY,KY,IN,からも来て頂き、奥様、ご家族、そして、早稲田へ留学されていた外国籍の方々、アメリカに留学している現役の学生さん含めて、総勢48
名と成りました。
各テーブル毎の写真となって居ります。

Table-1 2013-01-19.jpg
Table-4 2013-01-19.jpgTable-5 2013-01-19.jpgTable-3 2013-01-19.jpgTable-2 2013-01-19.jpg

食事中華はとても美味しく、また、皆さん和気藹々とされている様子がとても印象的で良かったです。
初めてシカゴ稲門会の総会に参加された方が多く、皆さんと顔見知りになれてとてもうれしく思います。

お帰りの際、皆様がお持ちになられたお土産は、

 
NY から来られた、WASEDA USA
の前野様から、キーホルダー
 キッコーマンにお勤めの菅野様から、醤油
 私から、会社で作りましたカレンダー
でした。

用意いただいた皆様、有難うございました。

今後も、様々な催し物を用意してまいりますので、皆様ふるってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。
(松井幹夫・シカゴ稲門会幹事)



posted by シカゴ稲門会 at 10:55| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

【4大学冬の陣】ボーリング

2012年2月10日に毎年恒例の4大学冬の陣が開催されました。今年は早稲田大学の幹事のもと、趣向を変えてボーリング大会となりました。総勢31名がRoselleのStrike Ten Lanes & Loungeに終結し、6レーンを2時間借り切っての熱いゲームが繰り広げられました。4大学とは同志社大学、関西学院大学、慶応大学(+助っ人一名)、早稲田大学の4校となっています。

426105_509961572387684_923533625_n.jpg

13時15分にボーリング場に集合、大友さんからのルール説明及び開会宣言の後、13時30分からゲームがスタートしました。それぞれのレーンには各大学のメンバーがまんべんなく散りばめられ、練習時間なんてものはなく、皆何年ぶり、十数年ぶりのボーリングに戸惑いながらも、各校が入り混じっての交流戦となりました。ボーリング場で一際目立っていたのが、同志社大学。チーム全員が母校カラーのポロシャツを着ての参加。気合の入りようが違います。

どうせ皆そんなにスコアは良くないでしょう、、、、と高を括っていた人も多かったはず。しかし、ゲームが始まってみると皆真剣そのもの。ソフトドリンクやスナックが出ても、皆の視線はプレイしている選手とスコアボードに。次から次へとボールを投げ、高スコアを狙う姿勢には熱いものがありました。そんな中、ストライクやスペアが出たときは学校関係なく称え合いハイタッチするなど、和気藹々としたシーンも散見されました。さすがに3ゲーム目にもなると集中力が切れたのか、もしくは体力がもたないのか、投球に精細さが欠けてくる人もいたり、逆に調子をあげてくる人もいたりと、最後までどの学校が優勝するのかわからないゲーム展開になりました。

今回のルールは、各自が必ず3ゲーム投げ、各大学のスコア上位5名のトータルスコアで優勝校を決定するというものでした。その他、個人最高スコア賞、ターキー賞、ブービー賞等の個人賞も盛りだくさんでした。

気になる順位はというと、一位はぶっちぎりで同志社大学、二位は関西学院大学、、、、あれ? ということで早稲田は残念ながら3位に終わりました。個人賞では梅谷さんが最高スコア180で文句なしの個人賞を獲得。気付いてみると、その他もろもろの賞の多くは同志社大学にもっていかれてしまいました。しかし、何と言うことでしょう。ボーリング場の受付の目の前には、優勝カップの忘れ物?!優勝した興奮のあまり、ついうっかり?なんでしょうかね。。。

ボーリングは天候問わず、またスコアもそれほど気にせず気軽に集まれる、そんなスポーツでした。皆楽しい時間を過ごせたのではないでしょうか。
次は雪辱を晴らすため、ゴルフ練習に励みましょう。

今日はお疲れ様でした!

(02年卒 村田賢士記)
posted by シカゴ稲門会 at 01:56| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

「稲門同志サンプラザ中野くんシカゴに来たる」

2012年1月13日(日)に2013年度JCCC(シカゴ日本商工会議所)の新年会がRenaissance Schaumberg Hotel & Convention Centerにて開催されました。

今年はゲストとして、かの爆風スランプのサンプラザ中野くん及びパッパラー河合の両氏がゲストとして参加下さり、「リゾラバ」、「大きな玉ねぎの下で」、「月光」、「Runner」、そしてかの「進め!電波少年」の人気企画猿岩石のユーラシア大陸横断ヒッチハイクの応援曲だった「旅人よ」、といった一世を風靡した懐かしい曲を沢山披露して下さいました。

また、昨年よりシカゴにお住まいのお天気キャスター根本美緒氏とともに、トークでも新年会の会場を大いに賑わせて下さいました。特に、厳格なベジタリアンとして125歳まで生きると何度も強調しておられ、信念のように語られる姿に、人間としての大きなパワーを感じました。この場をお借り致しまして、皆様に心より感謝を申し上げたいと存じます。

さて、皆様はサンプラザ中野くんが早稲田大学政治経済学部政治学科に8年間在籍されていたことをご存知でしょうか?シカゴ稲門会では、稲門の仲間である同氏が折角シカゴにいらっしゃいましたので、JCCC新年会後に集合致しまして、皆で控室の方に訪問させて頂きました!

サンプラザ中野7.jpg

ステージ後ということで大変お疲れでいらっしゃる中、我々を笑顔でお迎え下さったお心の広さには感服致しました。蒲澤会長始め、稲門会一同も同氏の非常に気さくなお人柄に引き付けられ、大いに励まされておりますこと、写真からも明白ですね!挨拶の後、会長自らご準備下さった記念品を贈呈させて頂きました。記念品は、シカゴの街の様子を銅版にエッチングしたお洒落なデザインの小物入れです。きっとサンプラザ中野くんもこの小箱を見れば、この日のことを思い出して下さるのではないかと思います。

また、一人一人と握手して下さったのですが、普段なかなか芸能人の方とお会いできないですので、厚かましくも私が個別に記念撮影をお願いしたところ、快く応じて下さいました。元々芸能人の方々にとっては新年のこの時期は営業活動で大事な時期と聞き及んでおります。それにも関わらず、移動時間のかかるシカゴまでボランティアで来て下さるわけですから、元来とてもサービス精神旺盛な方だと存じます。今回はそのことがいみじくも実感できる、大変に貴重な時間だったと存じます。参加者全員での記念撮影もさせて頂きました。

サンプラザ中野.jpg
※写真手前、着席者の左から4人目がサンプラザ中野くん、その左がパッパラー河合さん

最後に、「TOMOSHIBI」にも触れたいと存じます。
サンプラザ中野くんは今回のステージの中で、この「TOMOSHIBI」という曲を、子供たちと一緒に歌って下さいました。
この曲は、東日本大震災で被災された方々のために、同氏がカシオペアの向谷実氏とともに作られた曲です。
優しいメロディーと素直なメッセージは、「忘れられることが一番怖い」という被災者の皆様の心の声の代弁を越えて、聞き手の胸に迫ってくる素晴らしい曲でした。



この曲はご意向により、YOU TUBE等で無料配信されておりますので、現場で聞かれた方も、まだご存じない方も、是非一度お聞き頂きたいと存じます。また、皆様もこの機会に是非、サンプラザ中野くん、そしてパッパラー河合の両氏の活動にご注目頂ければと存じます。

(07年卒 白井亨記)
posted by シカゴ稲門会 at 02:33| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

早稲田大学留学センター所長及び職員、GLCA/ACMスタッフ、元留学生を迎えて懇親会を開催

2012128日(土)に早稲田大学国際教養学部教授兼留学センター所長の飯野公一教授、留学センター教授兼国際部参与のワット・ポール教 授、留学センターの朝倉孝雄さん、田邊亜紀さん、WASEDA USAの前野岳洋さん、GLCA/ACM Japan Study Program 日本事務局の長山道代さん、Sarah
Asada Bernard
さん、元ACM PreseidentElizabeth Hayfordさん、その他6名のシカゴ在住のアメリカ人元留学生とFour Seasons HotelAlliumレストランでブランチ形式の懇親会を開催致しました。シカゴ稲門会からは、蒲澤会長、小嶋前会長、木村が参加しました。

留学センター.JPG


数ある早稲田の交換留学プログラムの中でも、GLCA (Great Lakes Colleges Association)ACM (Associated Colleges of the Midwest)に加盟する26校とのJapan Study1963年から続いており、日本とアメリカの留学プログラムの先駆者的存在として知られています。来年はJapan Studyが始まってから50周年の記念すべき年だそうです。今回、留学センター所長の飯野教授をはじめスタッフはシカゴ周辺のGLCA/ACM加盟の大学を訪問し、早稲 田交換留学プログラムの改善や拡充などを話し合うためにシカゴにいらっしゃいました。留学センターとは今年WiN (Waseda University International Network) のホームページでシカゴ稲門会紹介の記事を掲載し た経緯もあり、本懇親会の開催に至りました(URL: http://www.cie-waseda.jp/win/jp/officelist/02019.html)。

元留学生の中には、1968-69年に早稲田に留学された方から2009-10年に留学された方まで、幅広い年齢層の方々が集まり、留学中の 話や現在のお仕事の話などをJapan
Study
の歴史を感じました。早稲田に留学後、日本の商社に働いていた方、現在シカゴで日本のロジスティクス会社に勤務している方など卒業後も皆さん日 本での経験を存分に生かしてシカゴで活躍されておりました。

また、早稲田大学では、世界に貢献するグローバル人材育成を大学のVisionにすえて、さまざまな国際教育の展開を図ってきており、シカゴ稲門会としてもこれを機にこれに対応する本部の意向にも併せ、日本の習慣、文化、更に早稲田ス ピリッツを解する早稲田で学んだアメリカ中西部近辺のOBOGおよび現役留学生との交流を活発に深めて行きたいと考えています。稲門会が開催する新 年会にも数名ほど元留学生に来て頂くことになっています。

08年卒・木村和秀記)

posted by シカゴ稲門会 at 10:52| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

サイゴン稲門会から Khoaさん を迎えて交流会を開催

20121115日(木)ベトナムのサイゴン稲門会(ベトナムホーチミン市早稲田大学同窓会)の幹事補佐 Kenny Khoa(コア)さんをお迎えして、Mt.ProspectSakura Restaurantにてシカゴ稲門会との交流会を開催致しました。

Chicago Tomonkai 15112012_1342 (1).jpg
上段左
から高橋さん、温井幹事、染谷さん、森部さん
下段左から福井さん、蒲澤会長、Khoaさん

Khoa
さんは、ベトナム人留学生として1999年に国際学部を卒業され、現在はベトナム産ココア生豆、コーヒー生豆、カシューナッツを輸出する企業に勤めておられます。今回、Navy Pierで開催されたイベント"The Chicago Fine Chocolate Show"出展の為、ご出張されたものですが、シカゴは初めての訪問で、当会の本ブログを見つけてコンタクトいただき、本交流会の開催に至ったものです。

サイゴン稲門会での活発な活動のご様子を、Khoaさんから会合の写真等を見せていただきながらご説明いただき、お陰様で本当に良い機会を得ました。Khoaさん、温井幹事、有難うございました。

また、今回サイゴン稲門会の阿部会長からもメールにてご連絡いただき、シカゴ稲門会の活動状況も知っていただく事ができました。サイゴン、シカゴ双方共、そのような活発な組織がある事を今まで知らずにいたわけですが、稲門会が、海外でもこうした交流があるのは素晴らしく、今後もこうした輪が拡がっていけばと改めて感じました。

なお、シカゴ稲門会の名幹事として各種イベントを開催し、最近の当会の盛り上げ役として多大なる貢献をされた福井さんが、長年に亘った米国駐在生活に一旦ピリオドを打たれて日本(名古屋勤務)に帰任される事となった為、今回は、その最後の最後の送別会を兼ねる事もでき、大変有意義な会となりました。ちなみに、福井さんは、翌朝のフライトで、車は今回出席されたガリバーの森部さんに買取りしてもらった足で、そのまま帰国されるという大変ハードなスケジュールにも関わらずご出席いただき、最後まで早稲田愛とタフなところを見せていただきました。きっと、名古屋稲門会も盛り上げていただける事と思いますので、こちらとも交流を図っていきたいと思います。福井さん、有難うございました。(H6年卒染谷記)

サイゴン稲門会
Facebookペ
ージ
http://goo.gl/JYqWG

早稲田学報2012.6 サイゴン稲門会記事

http://www.waseda.jp/alumni/gakuho/overseas/saigon.pdf

Khoa
さん勤務企業 : NVA International Co.,Ltd.
http://nhatvietanh.com
posted by シカゴ稲門会 at 12:00| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

飯島昇藏・早稲田大学政治経済学術院教授を迎えて意見交換会を開催

シカゴ稲門会は、飯島昇藏・早稲田大学政治経済学術院教授、政治経済学部長をイリノイ州シカゴにお迎えして、928日に意見交換会を開催した。飯島教授はシカゴ大学にて博士号を取得しておられる。飯島教授の訪米の目的は、シカゴ大学で飯島教授の指導にあたった米国人教授のご逝去に際し、追悼演説を行うためである。
 
シカゴ稲門会は創立60周年の記念の年を迎えており、60周年記念誌の作成、早慶戦ゴルフ芝刈大会、早東戦、四大学対抗戦、ラビニア音楽祭、バーベキュー大会、大リーグ野球観戦をはじめとする各種の活動を積極的に展開している。
 
シカゴを主要都市とする米国中西部には、自動車・同部品、機械関係を中心とする“ものづくり”製造業が拠点を構えている。シカゴに進出する日系企業で構成するシカゴ日本商工会議所のメンバーは約500社にのぼる。広大な米国において、質実剛健なものづくり製造業が米国の“背骨”、“屋台骨”となって産業を支えているのが中西部の特徴である。しかしながら、東海岸のニューヨーク、ワシントンDC、西海岸のサンフランシスコ、ロサンゼルスと比較して、日本における中西部シカゴの知名度は高くない。シカゴ稲門会の記録によれば、現職の総理大臣として1999年にシカゴを訪問した小渕恵三首相を歓迎して以降、シカゴを訪問する早稲田大学幹部は少ない。このため、飯島教授を今回お迎えできたのは、シカゴ稲門会にとり貴重な機会になった。飯島教授ご自身、「私は複数の留学候補から敢えてシカゴ大学を選んで一所懸命に勉強して博士号を取得した。シカゴの冬はとても寒さ厳しいが、人々の心は温かい」と中西部への愛着を語ってくださった

2012 飯島教授を囲む会.jpg

飯島教授を囲む会合にはシカゴ稲門会から、小嶋、森、小山、土屋、ダン、福井、野瀬、宇井、中村、田中、木村、眞銅が参加してシカゴ来訪を歓迎した。シカゴ市内の日本料理店ココロ・レストランにて夕食を共にしながら、飯島教授から母校の最新情報を教えて頂き、談論風発が続く有意義な意見交換会となった。

(眞銅竜日郎・シカゴ稲門会副会長)

posted by シカゴ稲門会 at 13:24| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

2012年4大学対抗ゴルフ結果報告

4daigaku 2012 zenntai
毎年恒例のシカゴ4大学のBig Event4大学対抗ゴルフが、今年は例年より早めの9月3日のLabor Dayの日にWhite Pines Golf Course (East)にて開催されました。
ここ最近は、最下位候補と言われて下位に低迷していた我が稲門チーム、今年はゴルフ部員の人数の増加の結果、層が厚くなり、前評判では、優勝候補に挙げられるところまで実力を伸ばしてきました。
例年通り、会長戦、各大学2名で総当たり戦(2名x3試合)特別枠代表戦で繰り広げられた試合。今年は、早稲田メンバー奮戦しました。
 
4daigaku 2012 Sensyu
今年の早稲田代表選手の面々
 

結果として総当たり戦に全勝の昨年優勝の同志社に今年も2年連続優勝を譲ってしまいましたが、早稲田は僅差で2位ということになりました。

優勝 同志社(17点)準優勝 早稲田(12.5点)3位 慶應(7.5点)4位 関学(5点)
2012年は冬の4大学対抗戦に続き2位が続いています。来年は2003年以来のゴルフでの優勝を目指して稲門会、会員全員一丸となり頑張って行きたいと思います。
posted by シカゴ稲門会 at 04:02| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

ブリュワーズ 青木選手応援バスツアーの御報告

2012年8月19日(日)、早稲田大学OB、ミルウォーキー・ブリュワーズ青木宣親選手の応援ツアーに行って参りました。
場所はブリュワーズ本拠地ミラーパーク、対戦相手はフィラデルフィア・フィリーズ。今回は大型バスを借り切り、総勢45名にものぼる大応援団!


ミラーパーク応援3.jpg

早稲田OBのみならず、慶応OB、同志社OBの皆さまなど、多数有志にもご参加いただきました。有難うございました!
集合場所のミツワからミラーパークまで約1時間半、到着すると駐車場では既に至る所でBBQパーティー、否が応でも盛り上がってきますね。
応援席はライト2階席前方の一角、申し分ないポジション、さあ来い青木! 稲門旗を前方に掲げ準備万端・・・・
ところが!スターティングメンバーの中に青木選手がいない!!なんとこんな日に限って休養日・・・。
直後から雨が降り出し、試合の方も、先発のウルフが7回、10安打、5失点と冴えず、打線も青木選手の先発出場がなかったためここまで無得点・・・
しかし、見せ場は終盤8回に訪れました!なんと8回裏1アウト、9番代打で青木選手が打席に立ったのです!
待ちに待った青木選手、応援団もここぞとばかりに稲門旗を揺らし、A(早)−O(稲)−K(田)−I(魂)プレートを掲げ、アオキコール一色、周りの米人も一緒に盛り上がってくれ、大いに沸きました!


ミラーパーク応援2.jpg

残念ながら結果は三振。試合も0−8で負けてしまいましたが、逞しく大リーグで活躍する青木選手を我々稲門OBだけでなく沢山の仲間と直接応援でき、感無量でした。
我々の気持ちが伝わったのか、翌日は一転4打数3安打とフル回転、以降、9月2日までの12試合で15安打10得点、3割4分の活躍。通算打率も2割8分5厘まで戻すなど、調子を上げていますね!(青木選手、これからも頑張ってください!)
ハプニングもありましたが、記憶に残るとてもよい日帰りバスツアーでした。またこうした機会を通じ、青木選手を皆で盛り上げ、応援していければと思います。次回も楽しみにしております!
(幹事役の皆様におかれましては、バス・チケットのご手配など、お忙しい中数々ご準備誠に有難うございました!)
(H3卒 温井記)
posted by シカゴ稲門会 at 04:19| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

シカゴ稲門会60周年記念BBQ大会 御報告

BBQ集合写真.jpg
中西部は、暑い毎日が続いていますが、お元気ですか?
8月5日(日)に稲門会バーベキュー大会が開催されました。

BBQ写真.jpg
アメリカはBBQの季節です。猛暑続きの夏でしたが、この日だけは気温も控えめ、涼風吹き抜ける絶好のBBQ日和でした。
なんと、アメリカ稲門会なのに、BBQイベントは初めだそうです。

ポークリブやステーキの定番どころから、とうもろこしやパプリカを豪快に丸焼き。さらには、タコの丸焼きを使ったマリネサラダを会場で作ってしまう、料理上手な方たちに感謝です。

最後は夏の風物詩のスイカ割り。棒を用意するのを忘れてしまい、ゴルフのアイアンを使ってスイカ割りにチャレンジ。見事命中、ヘッドがスイカにめり込みました。やはり割れませんか・・・。
総勢30名の老若男女が4時間余り、おなかいっぱいになるまで食べて、話して、笑い楽しむことができました。企画・準備にかかわった皆様、ありがとうございました。休日のところ、参加された皆様、お疲れさまでした。
次回のイベントも、楽しくわいわいやりましょう。
(96年卒 菅野記)

 


 


 
posted by シカゴ稲門会 at 15:28| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

2012年 ラビニア音楽祭の夕べ

2012年7月29日 夏恒例ラビニア音楽祭での稲門会の集まりを無事終了することができました。
当日の演目はシカゴシンフォニーによるチャイコフスキーでした。聞き覚えの曲も多く、曲の間に大砲も鳴り迫力のある演奏でした。
今回は、初めての稲門会参加の方も多く、おしゃべりにも興じたかったのですが、クラシックの演目だったため演奏中はできず、来年以降はもっとわいわいとおしゃべりも楽しめるPOPかJAZZの演目の日にしたいと思いました。
RAVINIAはメモリアルデーからレーバーデー週末まで毎晩、様々なジャンルの音楽を演奏されています。全米でもこういった場所はシカゴ以外ではNY、ボストンくらいだそうです。シカゴにいらっしゃる間に是非お出かけください。
これからもご家族で楽しめる企画を考えていきたいとおもいますので、何かアイディアがありましたら幹事までご遠慮なくお知らせください。
ダン奈津子
 2012 ラビニア写真.jpg
ラビニア参加者のくつろいだ様子
posted by シカゴ稲門会 at 20:18| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

早稲田OB Brewers 青木選手応援@セルラーフィールド

6月23日USセルラーフィールドでのミルウォーキーブリューワーズ対シカゴホワイトソックスの試合、早稲田大学稲門会シカゴメンバー有志で、我等が早稲田のOB青木宣親選手(ミルウォーキーブリューワーズ所属)の応援に行ってきました。

当日は暑すぎず、寒すぎず、風は良好で、レフトでも、ライトでもどのポジションに青木選手がいてもいいように、センター向かってレフトよりに陣取り、青木選手と同じく2004年卒の稲門会渡辺さんのお手製看板(AOKI、早稲田魂)を掲げ、熱く応援をしました。

001

当日の試合内容に関しては、非常に拮抗しており、6回裏終わって6対6の同点で迎えた7回裏にブリューワーズ投手陣が乱れホワイトソックスへ1点を献上、続いて8回にも1点を取られ8対6で負けてしまいました。しかし、我等が青木選手は、前日までの3試合で、13打数2安打と快音から遠ざかっておりましたが、稲門会パワー?もあっての爆発なのかこの試合、4打数3安打、1死球に4盗塁の大活躍、特に1試合4盗塁は球団タイ記録とのこと。これで、打率を2割8分に戻した青木選手、続く日曜日の試合でも5打数1安打、2出塁といよいよ、エンジンが掛かってきたみたいです。

TV 証拠

青木選手のエンタイトル2塁打で看板を振って喜ぶ稲門メンバー

最後に、稲門会メンバーが声を張り上げて、看板を掲げる応援の姿がミルウォーキーブリューワーズの広報担当の目に留まったみたいで(幹事長福井さんの青木選手奥さんへの連絡が奏功したという見方もありますが)、途中で写真をとられる一幕もどこかで、彼らのサイトに我々の写真が掲載されるかも?これを機会に、青木選手を応援する輪が広がっていくと良いですね。

(06年卒 高橋記)

posted by シカゴ稲門会 at 03:07| シカゴ ☀| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする