2014年08月30日

ゴルフ4大学対抗戦

暑中お見舞い申し上げます。


去る824()にシカゴ地区伝統の4大学対抗戦が開催され、早稲田、慶応、同志社、関西学院の各校OBOGOrchard Valley Golf Courseにて暑さを吹き飛ばす熱戦を繰り広げられましたので、参加者を代表してご報告申し上げます。


本年は、8名のエントリーメンバーのうち、稲門会は半数が初参加というフレッシュな顔ぶれで望みました。昨年は残念ながら最下位、今年5月の早同戦、6月の早慶戦は善戦むなしく連敗と、他校からも上位は難しいのではないかと危ぶむ声も聞かれました。しかし、蓋を開けてみると、会長戦での蒲澤会長の見事な1位ポイント獲得、過去3連覇中の同志社戦とのマッチプレーにて、初参戦の中野さん・宮森さんペアが見事に勝ち点を上げ、総合2位というポジションまで返り咲くことが出来ました。さらに、技能賞でもニアピンで中野さん(#2)、蒲澤会長(6)、ドラコンで大里(#14)が得点を獲得し、最終的にこの技能賞のポイント差で、エースを早稲田戦にぶつけてきた関学の上に行くことが出来ました。


マッチプレーならではのしびれる展開に、初参加の小生も最初はかなり緊張いたしましたが、日ごろの稲門会ゴルフでの先輩方からのプレッシャーを思い出し!?、何とか大崩れはする事なくラウンドすることが出来ました。しかしながら、何度同じコースを回ってみても、やはり実力通りの結果しか得られないのだと痛感し、来年までにはもう少し勝ちに貢献できるように精進したいとの思いを強くした対抗戦でした。


集まり散じて人は変われど、仰ぐは同じき理想のゴルフ!? 今年も早稲田は他校と違い揃いのシャツというわけには行きませんでしたが、それでもチーム一丸となって、楽しく真摯にゲームに望めたのではないかと思います(最後の集合写真が充実感の表れ!)。残念ながら、日程の都合などで参加できないメンバーの方々もいらっしゃいましたが、来年は欲張ってもう一つ上を目指して行きたいと、メンバー一同思いを一つにいたしました。(最終順位:1位慶応15点、2位早稲田10.5点、3位関学7.5点、4位同志社7点。最高気温30℃、湿度70%、白熱度120%)


大里 耕太郎(2001年商卒)

pic1.jpg
【関連する記事】
posted by シカゴ稲門会 at 02:03| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする