2019年08月27日

四大学対抗ゴルフの結果

昨日、ゴルフの四大学戦がありました。参加された皆様、大変お疲れ様でした。参加された皆様から、熱戦の模様を頂きましたので、ぜひ読んでみて下さい!

四大学戦記

2019年8月25日シカゴの空は晴天に恵まれ会場のRandall Golf Clubには9:00頃から各校参加者が集まってきました。
集まった顔ぶれから各校戦略を読みながら早稲田のオーダーを決めました。
会長戦:中野
慶応戦:田中、加藤
関学戦:斉藤、柳沢
同志社戦:佐々木、松井
各校混合:鎌野

各校混合は同志社、関学は参加者確保出来ず早慶から二名の参加でした。

結果は以下をご参照願います。

・会長戦 1位 慶応  5P
2位 同志社 3P
3位 早稲田 2P
4位 関学  1P


・対抗戦

 

早稲田

慶応

同志社

関学

獲得ポイント

早稲田

-

×

×

3

慶応

×

-

6

同志社

×

-

6

関学

×

×

-

3


・ニアピン(NP)/ドラコン(LD)
早稲田 NPx2(佐々木、加藤)、LDx1(佐々木)=3P
慶応  NPx2         LDx1     =3P

<総合成績>
1位 慶応  14P
2位 同志社 9P
3位 早稲田 8P
4位 関学  4P

会長戦は3位、また対抗戦も想定外の2敗を喫し技能部門は3P獲得も総合成績では同志社に1P及ばす3位に沈みました。
表彰式の早稲田テーブルは通夜のようでありました。しかし早慶戦に引き続き慶応から勝ち点を奪った事は大いに評価したいと
思います。
2017年の優勝、2018年は各校にマークされ連覇阻まれ、雪辱を誓った2019年でありましたが各校から早稲田は徹底的にマークされ
厳しい戦いを強いられました。優勝の慶応とは点差が開いたようにも見えますが、各チームとも勝機あり紙一重の惜敗でありました。
2020年の必ずやの雪辱を誓いまた切磋琢磨の一年が始まります。

<会長戦コメント>
(中野さん)
会長戦はコメントというよりゴルフではご法度タラレバボヤキです。
1H〜4H までは引分キャリーとなり10Pがかかる5番Par5に来ました。早稲田はパーオンするも3パットとしてボギー。
結局この5番Hを引分としてしまいました。タラレバですが早稲田がこの5番を取れていれば以降のホール成績からも早稲田が会長戦を
制すことが出来ていました。悔やまれるパットでした。大変申し訳ございません。
また16番では早稲田、同志社がパーオンしながらここでも早稲田は3パットに沈み同志社に会長戦2位を献上することになりました。
これもタラレバではありますが、16番がキャリーであればその後の成績から早稲田は会長戦2位となり総合成績でも同志社を上回り
2位となる事が出来ました。というような事を言っていてはダメですね。臥薪嘗胆。

<慶応戦コメント>
(加藤さん)
永坂さん/8月に渡米してきた元ゴルフ部梅橋さんというエース組を
ぶつけてきた慶應とのマッチアップ。
出だし不安定だった慶應組(+加藤)を尻目に、田中さんが1番、3番を取って
早々に2Up。しかしここからが慶應の粘りに遭い、その後しばらく膠着状態。
風が強まって来た8番Par4で早稲田両者が池に入れてこのホールを落とし、
前半は1upとほぼ互角の勝負。
勝負の分かれ目となったと思われる11番Par4。慶應組2人が無難にTee shotを
終えたのに対し、田中さんのTee shotは右の池、加藤のTee shotは引っ掛けて
Lost・・・と思ったら(おそらく)木に当たって加藤の球は無事にフェアウェイ近くへ。
パー/ダボの慶應組に対し、田中/加藤ともボギーパットをねじ込み、1upをキープ。
これで流れが一気に早稲田へ。12番Par4は慶應組2人がTee shotをミス、
13番Par3は早稲田2人が軽くパーを取って一気に3up。
15番Par5も慶應組がTee shotから苦戦したのに対し、
早稲田組2人は堅実なショットを重ねて勝負あり。結果4&3で
早稲田の勝利。1WのTee shotに苦しむ加藤に対し、田中さんが流石のプレーで
結局落としたホールは1ホールのみという、終わってみれば快勝でした。

(田中さん)
加藤さんが書いて頂いている内容の通りですが、12番から流れが早稲田に

来たのは当方がBogie/Double Bで足を引っ張りまくっていた7番から11番の間で、

勝負パットをことごとく気迫でねじ込んで頂き、慶応のUPを許さなかったから

でした(加藤さんのあのパットなければ、恐らく前半は1Downでした)。

これは、補足させてください。

<同志社戦コメント>
(佐々木さん)
今年はエースGeorge高田(剣道六段)が剣道の大会と重なったために不在。
代わりに?昨年は欠席であったPat森田(8人衆7位)が出場。
同志社は昨年に続き早稲田にエース組(森田、立脇)をぶつけてきました。
対する早稲田は安定感抜群の松井さんと一発のある佐々木コンビ。
ベストスコアの前半は4番までeven。5番Par5は佐々木がTee shotを大きく右に曲げLOST。
これで5番を落とし、6番Par3も続けて落とし2 down。その後取って取られて前半1 downで
ハーフターン。合計で競う後半は12番、14番を取って1upまで盛り返し。
15番Par5を松井さんのナイスBoggy saving putで引き分けとして迎えた16番。
佐々木のTee shotは右から大きく左にえぐれた池に入水。3打目をピン下1.5メートルに
つけsaving Parのチャンスもこれを外したことで16番を引き分けとし、通算1up。
これが勝負の分かれ道でした。
17番Par 3は2人ともtee shotでグリーンをとらえた同志社に対して早稲田は
ともにグリーンを外してこのホールを落とし、18番をall squareで迎えました。
最終18番でもParを揃えた同志社にこのホールを献上し、敗戦。
16番のPar putを沈めておけば最悪でも引き分けに持ち込むことができただけに
悔やまれますが、それが入らないのもゴルフ。来年こそはとの思いです。

<関学戦コメント>
(斎藤さん)
確実にポイントを獲得すべく臨んだ関学戦でしたが、対戦相手、特に関学松井さんが終始安定したゴルフで(とにかく曲がらない。パーないしボギーで纏めてくる)、序盤からリードを許す苦しい展開でした。

小生振り返るポイントは2ダウンで迎えた9番ロング。相手は2人ともティーショットを曲げ、良くてボギーの展開。小生3打目をフェアウェーから残り120ヤード。

ライも良く乗せて確実にパーで1ダウンで後半勝負、と思ったところで引っ掛けて左手前のバンカー、ホームランして上から寄らず入らずのダボで逆に3ダウン。

流れを自ら相手に渡してしまいました。後半も柳澤さんと一打一打ベストを尽くしましょうと声を掛け合いましたが、一度失った流れを取り戻せず、大差で敗れました。次年度こそは貢献できるよう精進して参ります。


四大学(ふつう顔).jpg四大学(通夜).jpg

【関連する記事】
posted by シカゴ稲門会 at 03:07| シカゴ ☔| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

2019 四大学対抗 冬の陣!

こんにちは!稲門会 ほぼ新人の伊藤と申します。

去年の9月に会社の辞令にてシカゴに着任しました。


着任先の事務所の先輩(大先輩と申した方が良いかもしれませんが。。。)が稲門会会長を

務められていたことから、着任後すぐに声をかけて頂き顔を出させてもらう様になりました。


ですので、シカゴ/稲門会在籍歴は約半年とまだまだ短いですが、すごくアットホームな雰囲気で楽しく参加させてもらっております。


今回は少し時間が開いてしまいましたが、先日参加させて頂いた「四大学交流イベント 冬の陣」について書かせて頂こうと思います。SNS無精な僕ですが、ブログ記事を書くことも初めての体験なので、少し緊張気味に書いてます。


温かい目で見て頂けるとありがたいです!


さて、今回参加の「四大学交流イベント 冬の陣」は、毎年一度、慶應大学、関西学院大学、同志社大学そして我らが早稲田大学4校のOB・OGが集まり、予めホスト校によって決められらた種目によって、チャンピオンの座を賭けた戦いが繰り広げられるというイベントです。


そんな中で今回、慶應大学ホストの下選ばれた種目は「オートレース」+「車上ラクロス」!オートレースはインドアカートといった方が分かりやすいかもしれませんが、電気が動力のレーシングカーに乗り、室内にセットされたレーシングコースでタイムを競うというものです。電気が動力といってもあなどれません。レース時はフルフェイスのヘルメットを着用、コーナリングではしっかりGも感じます。


レース内容はまず各校から5名が出場、合計出場者20名にて予選が行われ、参加者を10名ずつに分け、1レース14周でタイムを競いました。ここから各校最低1名+タイム上位6名が決勝レースに進出し、順位が関わる得点を賭けて争います。この予選が終わった段階で、チーム早稲田からはご夫婦で参加のお二人が決勝に進出されました。

(最年少で参加にも関わらず僕はあえなく選抜漏れ・・・。恐らくブレーキを踏みすぎました(泣 )


そして各校選抜メンバーが出そろい迎えた決勝、ここからは得点結果をかけた争いとなり、1位から順に10位まで、10点〜1点までが勝ち点として振り分けられることになります。チーム早稲田選抜のご夫婦二人を送り出し、僕ら他のメンバーはコース外から声援を送ります。

明るくテンション高めに出て行った二人でしたが、ヘルメットを身に着けたその瞬間、早稲田の校旗を背負って挑むことの重みをしっかり感じていたことでしょう。か、もしくはただもう一度コースを回れてラッキー!くらいだったかもしれません。

そんな二人のその時の心境を知る由もありませんが、旦那さんの方は序盤から好位置につけなんと首位を争う位置に、また、奥さんの方は初回出遅れたものの後半脅威の追い上げを見せました。

結果は惜しくも一位こそ取れなかったものの、なんと2位&5位にてフィニッシュ!好成績です!オートレースの得点集計が終わった時点で、チーム早稲田は慶應に次いで2位の位置につけました。

オートレースの後は「車上ラクロス」に移りました。

この車上ラクロス、文面では非常に説明しずらいのですが、率直な感想は「こんな競技日本で見たことない。」です。参加者は施設内に設けられたコート内(フットサルコート程の大きさでしょうか)で、ラクロスラケットを片手に電動のカートを駆り、ゴールを競います。

ゴールは箱型のもので、前方左右三方に口が開いた形をしており、天井近くの位置に取り付けられています。

これが簡単そうでなかなかゴールが決まりません。ただその分、ゴールが決まった時の喜びは格別です!

車上ラクロスの部は各校総当たり、勝ち点は勝ち・引き分け・負けでそれぞれ10点・5点・0点となります。点数への影響が結構大きいです。みなさん新しい体験だったことも相まって、どの試合も非常に盛り上がり白熱しました。

僕も声が枯れるくらい声を出しました。

オートレース結果で好位置につけた早稲田、健闘したかったところですが、車上ラクロスの部では残念ながら同率3位に散りました。ただ、参加者みんなで作戦を考えて話合ったり、結局その作戦をすぐに忘れてぐちゃぐちゃになったりするのはとても楽しかったです!


(僕も一本ゴールを決めることができました。)

両競技を終え、全ての点数を集計、総合順位が発表されました。栄えある今回の優勝校の座はチーム関西学院が手にされ、我らがチーム早稲田は総合順位3位という結果でした。

みなさん、来年頑張りましょう!

 結果発表の後は表彰、優勝カップの授受を経て施設内のパーティスペースにて宴会が開かれ解散となりました。毎度のことながら、宴会も盛り上がりを見せ、初めから最後まで、楽しい時間を過ごすことが出来、良い思い出になりました!


_MG_8686.JPG_MG_8756.JPG_MG_8739.JPG

posted by シカゴ稲門会 at 09:45| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

2019年の新年会を開催しました!

2019 シカゴ稲門会の新年会(1月26日)を開催しました!

こんにちは!
しばらく更新をサボってしまいました。昨年の夏から更新されていませんでしたがゴルフなどのイベントは行っていました。2019年は全部アップするようにします。

さて、今年もSummertime Café Lounge(貸切)にて総勢29名で2019年の新年会を開催いたしました。

今年は非常に寒い週での開催となってしまい、当日も夕方から雪が降りUberもつかまりにくいという状況の中で多くの皆様にドタキャンもなく集まって頂き、本当にほっとしました。有難うございました!!

会自体は、例年通りユルイ感じでラッフルなどのイベントもなく、ただただ幹事の井田さんに作成頂いた昨年度の活動報告のプレゼンをベースに、ひたすら喋って交流するというのがメインの会でしたが、楽しいひと時になったかなぁと思います。

そして会の最後には例年通り中野会長のエールと東海林さんの演奏をベースに校歌を歌って締めとなりました。

2月の末までには今年の予定を皆様にお送りいたしますので、ぜひ今年も色々なイベントにご参加くださいね!

最後に今年も多くの皆様のご協力で盛大に開催できました。主幹事の井田さん、東海林さん準備を含めて大変有難うございました!松井さんもカレンダーを毎年ご提供頂き大変有難うございました。

それでは今年も引き続きよろしくお願い致します。
平 シカゴ稲門会幹事長


Chicago_Tomon_NYParty2019.jpg

posted by シカゴ稲門会 at 09:25| シカゴ ☁| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

ミシガン湖でのトローリング(釣り)

2018623日(土)に今年第一回目のミシガン湖釣行(トローリング)を開催致しました。

参加者は、中野会長、小澤さん、井田さん、及川さん、星野さん(私の会社後輩)と私の6名。数日前までは悪天候の予報でハラハラしましたが、そこはシカゴの天気!曇り空からの出航となりましたが、良い天気になりました。

トローリングは20本弱の釣竿を設置した船をゆっくりと走らせ、「魚信(当たり)」があったタイミングで引き揚げます。前日の釣行では一匹も釣れなかった船があるとキャプテン:Joshから言われていたので、ちょっとした不安の中での出航でしたが、釣り始めて10分程が経過したときに強い当たり!

15分間の格闘の末、小澤さんが見事!巨大キングサーモンを釣り上げました!重さは29.5ポンド(約13.4KG)、体長39インチ(約99CM)の超大物です!あまりの大きさにキャプテンJoshも大騒ぎ。彼がミシガン湖で釣りを始めたこの7年間で最大級のものだそうです。その後暫くは写真撮影会となりました。

合計16匹を釣り上げ大満足の釣行となりました。今回の釣行では、キングサーモン(2匹)、スチールヘッド(1匹)、レイクトラウト(2匹)、コーホーサーモン(11匹)と4魚種が獲れミシガン湖の恵みに感嘆です。後日談があり、キャプテンから連絡を受け、The Chicago Sun Timesがぜひキングサーモンの写真と釣り人を記事で紹介したいとのこと!折角の機会ですので早稲田大学のPRも依頼、どうなるか分かりませんが、進捗はご連絡しますので、載った際にはぜひThe Chicago Sun Timesをお買い求め下さい

2006年商学部卒:佐藤

IMG_1505 (1).jpgIMG_1528 (1).jpgIMG_9498.jpg
posted by シカゴ稲門会 at 04:17| シカゴ ☔| イベント紹介/結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする